東京ビューティークリニックの治療について

 

東京ビューティークリニックは女性の薄毛治療クリニックです。銀座、渋谷、新宿をはじめ、横浜、大宮、札幌、名古屋、梅田、難波、福岡でクリニックを展開しています。ここでは東京ビューティークリニックの薄毛治療の内容について紹介します。

 

 

薄毛治療薬「リバースレディ」

 

リバースレディ

 

ミノキシジル配合の内服薬

薄毛治療薬リバースレディは3種類の飲み薬があります。リバースレディAはミノキシジルを含んだ飲み薬です。ミノキシジルは血管を拡張する作用があり、栄養や酸素を毛乳頭にしっかり届けます。栄養を受け取った毛乳頭細胞では成長因子が作られ、毛母細胞を活性化します。

 

ただ、ミノキシジル内服薬には多毛症の副作用が報告されています。また、心臓や血圧の病気の人には処方していません。東京ビューティークリニックでは血液検査などを行なってから処方しています。

 

 

スピロノラクトン配合の内服薬

タブレットBにはスピロノラクトンを配合。スピロノラクトンは男性ホルモンを抑える内服薬です。ニキビ治療にも使用されますが、男性ホルモンの働きを抑えることで抜け毛を防止する効果もみられます。ただ、ホルモンバランスに影響する内服薬のため、妊娠中や授乳中などの服用を控えます。

 

 

ビタミン、亜鉛、アミノ酸などを配合したサプリ

タブレットCは栄養分を豊富に配合したサプリメントです。毛髪の原料となるアミノ酸に加え、タンパク質の合成をサポートする亜鉛やビタミンB群などを配合。毛髪の成長をしっかりとサポートします。

 

 

育毛メソセラピー

 

メソセラピー

 

東京ビューティークリニックでは注射による薄毛治療もおこなっています。ミノキシジルや成長因子などをダイレクトに注入する治療はFAGAメソセラピーと呼ばれています。FAGAメソセラピーは発毛促進カクテルを注射器で毛根に注入します。

 

発毛カクテルには血管新生作用のあるミノキシジルをはじめ、毛母細胞を活性化するIGF、bFGF、血管新生作用のあるVEGFなどの成長因子が含まれています。育毛剤とは違い、毛根に直接注入することができ、強力に発毛を促進します。

 

1回あたりの治療料金は5万円からと高額になります。